カートコースは、自分のカートやオートバイを持込んで走行することができます。
走行できるコースは、レースなどに使用している「レーシングコース」と
トレーニング走行などに利用できる「ショートコース」の2種で構成されています。
スポーツ走行を計画する前にこのページをご確認ください。
 
  各クラスの走行条件  
 
レーシングコース
カート

キッズカート
資格 @ ライセンスや 運転資格不要。
A ドライバーが未成年者の場合は、付添いの親権者が走行ルールを熟知していること。
なお、走行経験の浅いドライバーは「ショートコース」で基礎練習を終えてからレーシングコースをご利用ください。
対象 レーシングカート、スポーツカート、レンタルカート、ミッションカート、スーパーカート、
HDX(ハンドドライブ車両)、キッズカートなど
その他 @ フロントカウル・サイドボックス・リアバンパー必備
A 音量は100デシベル以下
B レーシングスーツやツナギ、または安全な長袖長ズボンを着用厳守、子供はネックガード装着厳守
オートバイ 資格 @ その車両に適合した運転免許証
A ライダーが未成年者の場合は、付添いの親権者が走行ルールを熟知していること。
なお、走行経験の浅いライダーは「ショートコース」で基礎練習を終えてからレーシングコースをご利用ください。
対象 @ 50cc以上の二輪車(キッズバイク、ミニバイク、スポーツバイク、モタードなど・・・)
A スクーターは走行不可(ストリートマジック、チョイノリは走行可)
その他 @ 保安部品は取り外すかテーピングすること。
A ミラー(カウル一体型は取り外し不要)、センタースタンド、
むき出しのカウルステー、ナンバープレート、荷物台などの突起は必ず取り外すこと。
C 音量は100デシベル以下であり、尚且つサイレンサーが装着されていること。
D 装備は、レーシングスーツ、モトクロススーツ、パッド入りのツーリングスーツなど、安全な装備を厳守。
E
レーシングブーツ着用厳守(ツーリングシューズやスポーツシューズは使用不可
ショートコース
カート
オートバイ
対象 @ 上記の「レーシングコース」と同じ。
A トレーニング走行、ジムカーナ、試験走行、暖機走行、慣らし走行など。
B 走行に不慣れな方を優先して使用してください。
※規定にそぐわない車両は走行できません。詳しくはスタッフにお尋ね下さい。
※ルール・マナーを守れないお客様に関してはスタッフの判断により走行をお断りする場合があります。
 
 
 
  2種類のコースについて
 
   
 
レーシングコース
レーシングコースは、「レンタルカート」と「スポーツ走行(持込走行)」の時間帯交代で走行するためレンタルカートの進行状況により走行時間帯が変動します。

カートやバイクが混在する時は、約15~30分交代で走行します。

休日やイベント開催日等でレンタルカートが混み合う状況においては、1時間に1セッション程度の走行になる場合もあります。予めご了承下さい。

レーシングコースの縮尺図をダウンロード
レーシングコースのイメージ図をダウンロード
ショートコース ショートコースは、主に初心者を対象とした、カート・バイク・パイロン走行(※)・キッズカートスクールなどのトレーニングコースです。

走行時間帯は、カートとバイクが30分交代(毎時 0分〜30分がカート/毎時30分〜0分がバイク)となり、終日交互に走行します。利用者は各自自分の時計を確認しながら走行時間を自己管理にてご利用ください。



ショートコースの縮尺図をダウンロード

スケジュールを確認
 
 
 
 
  パドックの使用について  
  パドック内(駐車場内)で移動の際は徐行厳守してください。
見学などのお客様も多く出入りするため、
パドック内での慣らし走行や暖機走行等は一切禁止と致します。
また、施設内の道路は一般公道同様の扱いとなります。場内を移動する際はヘルメットを着用し、指定速度30キロ以下をお守りください。
 
 
 
  走行前に必読「ルール&マナー」  
  コース内は、ウイークエンド・ライダーからプロドライバーまで様々です。
皆様が気持ち良く走れるよう「ルールやマナー」を守り
安全で快適なスポーツ走行を楽しめるよう心がけてください。
 
   
  @ コース内での注意事項
 
 
  1. 二次災害を防ぐ為、コース上で停止した場合は速やかに白線外側に移動すること。
  2. ストレート脇コース脇停車しないこと。
  3. コース内でヘルメットを脱がないこと
  4. コースインの際はコース状況を確認してから進入すること。
  5. ピットインにおける追突事故誘発を避ける為、後続車両に合図を示し急激な針路変更を行わないこと。
  6. 後続車両に進路を譲る際は、合図を送り急激な針路変更を行わないこと。
  7. ストレートで進路を譲る場合は、急減速による追突事故を誘発しないよう後方に気を配ること。
  8. チェッカー旗(走行終了の合図)が振られたら、周回し指定場所よりピットに戻ること。
  9. 前方に障害物(転倒、スピンなど)がある場合は、黄旗が振られる事があります。危険を回避できる速度で走行し追い越し追い抜きは禁止となります。
  10. コース上で重大な事故などが発生した場合は赤旗が振られます。赤旗を確認したら安全な場所に停止するか、低速走行でピットに戻ること。
  11. 転倒や接触などにより体に異常を感じた場合は、無理に動かないで係員の指示に従う事。緊急時は救急隊を要請し医務室へ搬送します。その状況により場外の病院へ搬送する事があります。
  12. 不用意な急減速・急停止は追突事故を誘発します!急減速・急停止やストレート上での急減速などは絶対避に行わないこと。

    【初心者の方へ】
    サーキットは一般公道同様ルールとマナーを守って走行しています。むしろ一般公道より厳しいルールかもしれません。
    走行前に全体の流れを把握し「譲るべき時は進路を譲り」身勝手な走行や無謀な走行はなさらないよう心がけてください。またコースに慣れるためにも常にラップタイムを確認し、自己の技術レベルを把握した走行をお願い致します。


    Q&A オートバイ編

    Q:なぜ荷台を外さなければならないのでしょうか?
    A:荷台は接触時に相手を傷つける恐れがあります。そして相手に身体的ダメージを与え、自身は深い心のダメージを受けます。

    Q:なぜナンバープレートを取り外す必要があるのでしょうか?
    A:追突時においてナンバープレートが刃物となり、相手を深く傷つけてしまう事があるからです。時にナンバープレートは凶器と化します。
    時々ナンバープレートを外さず周囲をテーピングしている方が見受けられます。それらの手法は何ら安全対策になっていません。必ず取り外しましょう。

    Q:なぜセンタースタンドを取り外す必要があるのでしょうか?
    A:理由は2つ!
    1つ目は、コーナーリング中にセンタースタンドが路面に触れて不意な大転倒を起こす恐れがあります。
    2つ目は、転倒時にセンタースタンドの一部(突起部)が路面を深くえぐってしまい路面に致命的な傷をつけてしまう可能性があります。
    利用者の中には、「私のバイクはセンタースタンドが地面に接触しないので“大丈夫”です!」と、堂々とルール違反的な発言をされる方がおられますが、もし転倒した時の事を考えると、あなたは大丈夫でも他の利用者に対して“大丈夫”ではありません!

    Q:バックミラーを取り外す必要はありますか?
    A:取り外してください(フロントカウルの構造によっては取り外し不要)。
    転倒時にミラーの部分が外れ、ハンドルに残った棒状のステー単体が体にグッサリ刺さってしまう事があります。これもまた恐ろしい凶器です。

    Q:運動靴で走行しても良いですか?
    A:不可能です。レーシングブーツ装着を義務づけています。
    何故なら足元が一番負傷を受け安い場所だからです。骨折、じん帯切断、指切断など取り返しが付かない事故を未然に防ぐ為です。装備にはお金を掛けましょう!


    Q&A レーシングカート編

    Q:フロント・リアバンパー、サイドボックスは必要ですか?
    A:絶対必要です。
    他車との接触時、相手にとてつもなく大きなダメージを与えてしまう可能性があります。絶対に取り付けてから走行してください。

    Q:「押しがけ(エンジンスタート)」が出来ません。走行しても良いですか?
    A:付き添いを付けて走行できます。単独走行は避けてください。
    ショートコースで押しがけの練習をしてからレーシングコースで走行することをお勧めします。コース内で立ち往生すると非常に危険です。
 
 
 
  A 旗の解説
 
 

競技開始
走行開始

ミススタート(カートレースのみ適用)
再度スタートを行う場合に振られる

赤旗
レース中止(走行中止)。どこでも停止できる態勢でピットまで戻る。

白旗
低速車輌やサービスカーがコース上を走行している場合に振られる

青旗
周回遅れの車輌に振られる
指示された車両は進路を譲らなければならない

黄旗
(静止状態)前方に障害物あり。追い越し禁止
(振動状態)障害物が進路をふさいでいるなど非常に危険な状態。追い越し禁止

オイル旗
コース上にオイルやクーラント等が出た場合に掲示。

解除旗
黄旗などの解除
通常の走行に戻る。

オレンジボール
車輌に対して物的トラブルが発生した場合のピットイン命令
速やかにピットに戻らなければならない

黒旗
非スポーツマン的選手に対するピットイン命令

警告旗
非スポーツマンシップ的行為に対する警告
(黒旗が掲示される前の予告として使用する場合もあり)

競技終了旗
競技終了や走行終了

 
   
 
“安全についての認識”
コース内は、初心者から上級者に至るまで様々です。
各自が走行に対する危険性を理解し、ルール・マナーを守って走行することが非常に重要です。ルール無視・無謀な走行・飲酒運転・走行中の危険行為等は重大な事故を招くとともに、自身にも危害を与え、また他人にも危害を及ぼす恐れがあります。
なお「走行に相応しくない!」と思われるお客様に関しては、スタッフより走行をお断りする事があります。