レンタルカートは、安全性と実績で高い評価を得ているヤマハ社製レーシングカートと
ヨーロッパのレンタルカート市場で高い評価を得ているタンデムカートを使用しています。
カートは身長145センチ
(※1)以上であれば乗車できるので
初心者の方々から上級者の皆様まで幅広く楽しむことができます。
タンデムカートの助手席は、身長80センチ以上のお子様であれば同乗可能です。
 
     
レンタルカート ヤマハFK5
レンタルカート(一人乗り)
ヤマハ FK5
 
 全長/軸間距離  1680/1040mm
 全幅  1400mm以下
 トレッド F/R  965/1125mm
 乾燥重量  75kg
 フレーム型式  変形X型
 フロントタイヤ  4.5×10.0-5(SL)
 リアタイヤ  11×7.10-5(SL)
 制動装置(後輪)  ベンチレーティドディスク
 エンジン種類  2サイクルクランク室リードバルブ
 気筒数/排気量  単気筒/49cc
 ギアボックス  無段変速プーリー(オートマチック)
 始動方式  セルモーター式
 潤滑方式  混合ガソリン
 燃料タンク容量  7リットル
 点火方式  C.D.I点火
   タンデムカート
タンデムカート(2名乗り)
 
 フレーム  φ32 クロームモリブデン鋼フレーム
 エンジン  HONDA GX200 4サイクル200cc
 シート  乗車定員2名
 
     
   走行の手引き
 
 
@ 受付で参加申込書を記入

必要事項を書き込み受付で走行券をお求め下さい。(「誓約書署名欄」にサインを忘れずに!)

申込用紙をダウンロード
English Appricaton form



持込走行(バイクやレーシングカート)にも使用するため、時間帯によっては乗車まで15〜30分ほどお待ちいただく場合がございます。予めご了承くださいませ。



A 走行注意事項を確認

ルール&マナー、コースの使用方法の説明書きがあります。良く読んでおいてください。

コース図
注意書きを確認
Instruction&procedure






B ヘルメットとグローブを装着

棚よりヘルメットとグローブ(軍手)を選んでください。
サイズは子供用/S/M/L/LLをご用意しています。






C スタッフより注意事項の説明を受ける

スタッフより口頭で注意事項の最終確認をします。不安な方は遠慮なく質問してください。



D 車両に乗り込み操作方法の確認(アクセル&ブレーキなど)

実際に車両に乗車し操作方法を確認します。
“注意” 乗車直後に
自身の判断によりエンジンを始動したりしないように!

アクセルペダルとブレーキペダルを何度も踏み込んで操作を確認してください。
足が届かない方はシートにパッドを挟んで調整します。

※身体的要因や精神的障害等により 「安全な操作ができない!」 と、係員が判断した場合は走行をお断りすることがあります。






E エンジン始動

スタッフより「エンジン始動」の合図があります。
アクセルから足を離しブレーキをしっかり踏んで
エンジンキー(スターター)を回してエンジンを始動して下さい。



F 走行開始

いよいよ走行開始です!
「安全第一」一周目は
コースと車両の確認をしながら走行して下さい。
タイムアタック中は、1コーナーに設置されている電光掲示板で自分のラップタイムを確認しコースレコードにチャレンジ!






G 「ピットイン」

残り一周になったらスタッフより 「ピットイン」 と書いてあるサインボードが出ます。
そのまま周回しピット入口よりお戻り下さい。


 
   
 



H 降車する

ピットに戻ったら、先ずはエンジンを止める” それから降りてください。
エンジンがかかったまま降車は非常に危険です!




I ヘルメット&グローブを元の場所へ戻す

ヘルメットとグローブは所定の場所にお戻し下さい。



J 計測結果表を受け取る

スタッフに車両のゼッケン番号を伝えて「計測結果表」をお受け取り下さい。
1/1000秒単位でラップタイムが記載されています(はじめの1周と最後の1周は計測不可)。
ラップタイムはライブ配信しているのでいつで気になるライバルのタイムも確認できます。
※スマートフォンで現在のラップタイムを確認できます。アプリをダウンロード(無料)してお楽しみください。






最新のコースレコードをチェック!






K もう一度乗る!

一回乗って満足な結果が出なければもう一度乗ることでしょう?!
2回目以降は、@〜Cを省略できます。受付で走行券をお買い求めの上、Dからスタートしてください。




L ついに規定タイムをクリアー

走行タイムはホームページに記録(自己申請)する事が出来ます。

コースレコード一覧

※コースレコード掲載については、全ての掲載希望者をWEB上に掲載します。掲載を希望されるお客様は、計測結果表を受け取った後に申請用紙にご記入ください。






M カートコース攻略完了!

おめでとうございます!
カートコースを攻略した貴方!
次のステップが待ってます!
富士スピードウェイ 国際レーシングコースで “体験走行” にチャレンジしてみては?!   体験走行の日程を確認






N 国際レーシングコース デビュー!

さあ! F1やWECも走行するレーシングコース(1周4.5km)にチャレンジ!



超お手軽体験走行から始めよう!
家族や恋人を同乗させてサーキットデビュー!

富士スピードウェイ体験走行



マニアックなアナタにお勧め!
オフィシャルセーフティカーに同乗し、スリリングな横G体験!

富士スピードウェイパースカー同乗走行



それでも満足できない本格レース派のあなた・・・・・・・FSWライセンスを取ろう!
富士スピードウェイライセンス所得



または、
最新鋭のトレーニング設備を誇るトヨタ交通安全センター“モビリタ”モビってみては?(予約制)

モビリタ



 
   “安全についての認識”
「レンタルカート」は、遊園地のゴーカートや乗用車と異なり、スピード感覚や操作感に特異な性質を持ちます。
ルール無視・無謀な走行・飲酒運転・走行中の危険行為等は重大な事故を招くとともに、自身にも危害を与え、また他人にも危害を及ぼす恐れがあります。安全第一をもって運営するためにも、「走行に相応しくない」と思われるお客様に関しては、スタッフより乗車をお断りする事があります。